2017年05月02日

なが〜い留学生活において

IMG_6826.JPGIMG_7558.JPGIMG_7445.JPG   こんにちは!最近暖かくなってきて、半袖の人もちらほら見えるようになってきました!
   いきなりですが、この写真は東北で年明けの爆竹屋、留学生活動の色付き球投げ、万里の長城旅行です!この写真は上海での体験のほんの一部です。
   さて、今回は、私が理解してきた留学ということを書いていきたいと思います。内容は、中国への留学とは、と、留学とはどのような気持ちで挑むべきか、の2つです。
   1、上海とは、想像以上に何でもあります。というと、大規模な図書館、大学内のコミュニケーション活動、はたまたクラブやナイトパーティーなど、自分で何をしたいかを選ぶことが出来ます。真面目に勉強したいのなら、それ相応の参考書も豊富ですし、対話やコミュニティを大事にしたいなら旅をしたり、ある活動に参加したりも自由です。日本には無い遊びをしたい!と思うなら、夜の街を放浪するのも、あながち間違えではないのかもしれません。
  更に、色々便利な点もあります。寮付近にはコンビニもあるし、交通の便も日本より発達していると思います。僕は、人との対話や旅を選んだので、交通や予想外のアクシデントにワクワクしています。あと、中国人は本当に優しい人ばかりです。というのも、電車内で席の譲り合い、道を聞かれたらちゃんと教える、困っていたらみんなが助けにくるなど、良く言えば優しい、悪く言えばお節介といったところです。あと、中国は日本よりかなり雑です!中国の雑さに慣れると、ストレスフリーに行動出来て、気はすごく楽です。
2、留学とは……さきほど述べたように、全て自分の自由です!日本人の友達の例をいくつかあげると、Aさんは授業とご飯以外で外出はあまりしません、その代わり資格を取るために部屋(たまに図書館)で勉強しているそうです。Bさんはヨーロッパの友達が多く、クラブや留学生の活動に多く参加しているみたいです。Cさんは中国人に、中国人と間違えられるほど中国語が上手です!彼は人一倍勇気がある人で、旅や中国人との会話を特に大切にした結果、たった一年でもネイティヴになりました。Dさんは単位や就職のためと言っていて、基本は部屋にいます。
  つまり、「何をするにしても自分の目標次第」だと思ってください。目標が単位なら中国語が話せなくても仕方ありません、目標が中国語をマスターする、ならその人は、自然と日本人より留学生や中国人と関わるようになります。当然この目標の違いにより意見の食い違いはありますよね?でもそれは仕方のないことで、追求してはいけません。
  なので、よく留学希望はこう聞かれると思います、「なんで留学に行くの?」と。これを自分の中で決めて、適した国に行き、その目標のためにどうすべきか考えて下さい。テキトーに選ぶと、その留学期間を棒に振ってしまいます。
  あと、私が「この人の留学は有意義だな」と、思う人の性格は、恥をかける、勇気がある、そしてなにより、好奇心や冒険心がある人でした。めんどくさい、の一言で片付ける人は、本当に大人しい留学で、本気で語学を学んでいる人といざこざもありました。
ある友達は中国語が話せない、何もスキルが無くても、「YESマンになってやる」と言って、ほとんどの活動に参加し、恥をかいては中国語が上達している人もいました。
  全て自分次第です。留学とは、その人の性格をはっきりと表してくれます。これから留学する人は、漠然とでいいので、どのようなルートを辿るかだけでも頭に描いて下さい。
  同济大学に来る人なら、私も出来る限りサポートはしたいと思います!みなさん、留学に来て見ませんか?
最後に、私の上海での生活をあげたいとおもいます。
最後に、この写真は友達と公共自転車(普通の自転車)で、上海から蘇州まで90kmを進んだ写真です。道の途中にいろんな人と出会い話しました。私はこんな唐突の留学を目標にしてます。
  ではまた来月!
IMG_7587.JPG
posted by 日大国際留学生2016 at 13:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログを読んで、留学の目標を明確にする事はとても大事な事だと感じました。
また各々がそれぞれの目標を持って切磋琢磨し、刺激を受けあえるとさらにいいですね。
残りの期間も目標達成の為に頑張ってください!
Posted by 国際教育センター at 2017年06月14日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。